ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索
お知らせ

会員様の体験談

適齢期

私は今、43才。婚カツを始めたのが39才、めでたく結婚したのは41才、初婚です。
39才で13年間お付き合いした男性と別れ、結婚適齢期も妊娠適齢期もとっくに過ぎていおり、正直かなり焦りました。すでに周りに独身男性はおらず、産科の看護師という職業柄、男性との出会いも皆無でした。
傷心を癒やすかの様に婚活を始めました。結婚相談所、異文化交流会、婚活サイトの掛け持ち、趣味の集まり(ワイン会やボランティア活動、英会話など)、職場の上司や知り合いへの紹介依頼…唯一利用しなかったのは街コンです。
女子力を高めたくて、フラワーアレンジメントや着物の着付け、ハープを習ったりもしました。自分を高める意味では全てが有意義でしたが、女子力を高めるための場に男性はいないので出会いのチャンスは皆無でした。
それぞれの婚活手段には、それぞれに特徴があります。
結婚相談所には、身元の保証やサポート体制。婚活サイトには、自分が興味を持った男性にいくらでも気軽にアプローチできる点。
趣味の集まりは、すでに共通点があるので興味のある会話が自然にできる点。最終的に、私は婚活サイトで出会った男性の一人と結婚しました。
数多くの出会いに恵まれた私ですが、痛い目にも会いました。会ったその日にストーカ、不動産投資詐欺、保険や宗教の勧誘、DV男性…。良い社会勉強になりました。
当初『いかに理想に近いか』そんな気持ちで男性に会っていたと思います。でも相手の男性も同じなのだとふと気付き、まずは先入観を捨てて頭で考えるのを止めました。最終的には、直感というか一緒にいて楽しい、自然体でいられる居心地の良さなどを感じさせてくれた今の彼と結婚しました。彼も同じ様な想いを感じてくれていたようです。
妊娠適齢期を過ぎていることを気にしていたら『子どもが欲しくて結婚するわけじゃない。貴女とだから結婚したいんだ』と言ってくれたとき、この人となら家族になりたいと思ったのです。
結婚って、他人と日常生活を共にする家族を決めることだから、違和感がなく安心できる相手を選んで良かったと思っています。出会って半年、結婚して2年、私たちは今恋愛中です。
1人でも充実した日々でした。でも2人になってもっと楽しくて心穏やかな人生を過ごしています。
結婚を望む全ての女性が、良き伴侶に出逢えますように。