ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索
写真公開のマナー&注意事項

ヘルプ

写真公開のマナー&注意事項

写真公開のマナー&注意事項

お相手とメッセージ交換が進んで「写真公開」のお話になったとき、「どんな外見なんだろう?」「自分の写真でもし気に入られなかったら?」…とドキドキしてしまいますよね。
写真はとてもデリケートな部分です。
お相手の気持ちをよく考えて頂く必要があります。今まで会員の皆さんから寄せられた声から、写真公開でのマナーや注意事項をまとめてみました。
ぜひご参照頂いて、今後の活動に役立てて下さいね。

写真公開を誘ったほうから公開しましょう

「そろそろ写真公開しませんか?」「写真を見たいです」という話になったら、声をかけたほうが先に公開するのがマナーです。「自分も公開するから公開して下さい」といわれた場合は、お相手が公開するのを待ちましょう。また、公開してもらったら早めに自分も公開するのもマナーです。あまり待たせてしまうと、お相手の不信感を招きかねません。

写真公開にはまだ早いな…という場合

お相手に写真公開を打診されたけど、自分としてはまだ早すぎる・・・と感じた場合、正直に誠実にそのことをお相手に伝えるのがよいでしょう。あなたの考えを尊重してくれるお相手なら、信頼度もぐっとアップしますよね。
逆に、あなたの考えを受け入れてくれないお相手なら、価値観があわずご縁がなかったと考えられませんか。

スムーズな写真公開の例

いろんな方法があると思いますが、1例として。「よかったらそろそろ写真公開しませんか?自分のを公開しておくので、もし差し支えなければ後で公開して下さいね」…くらいのお誘いが、特に女性には好印象を持たれるようです。
写真を早く見たいという気持ちは誰でもありますが、相手に強制したり、急がせたりするのはマナー違反です。

写真を見て「アレレ?」という場合

よく聞かれる感想として、「写真の印象と実物が違った」というケースがあります。
写真は表面的なものに過ぎません。特に男性の場合、写りや表情、服装にあまり気を使わないで撮った写真を載せている方もあり、参考程度に留めたほうが良いようです。実際に会うと、表情や態度、会話内容など、総合的な印象が重視されるものです。(※もちろん、なるべく良い写真を載せることも大切なポイントです)

それでも「お断り」したい場合

それでも「お断り」したい場合

残念ながらお断りしたい場合、大切なのは相手の心情を思いやることです。
「もし自分が写真(顔)を見せて断られたら」…誰でも傷つきますよね。その辺りもよく考えて、心をこめたお断りメッセージや「ごめんなさい」を出すことをお薦めします。
いつまでも返事をしない、いきなり着信拒否をするというような行為は、大変失礼な行為にあたるのでご遠慮下さい。
また、お断りされたお相手に不快なメッセージを送り返すこともマナーに反します。メッセージで気が合っても他の面でご縁がないこともあり、もしお断りされてもご自身の人格を否定されたわけではありません。「運命の人はこの人ではなかったのだ」と考え、「また次の人へ!」と前向きな気持ちで、あなたの本当のお相手を探しましょう!