ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索
もらって嬉しいメールとは

ネット婚活の基礎知識

もらって嬉しいメールとは

もらって嬉しいメールとは

ルミエールのようなインターネット版婚活の場合にはプロフィールとメールの文章でお互いを知ることになります。プロフィールが個人の人となりを表すものだとしたら、メールは性格や考えを反映させるものだと考えてよいでしょう。
直接会って会話する場合と異なり表情や仕草が見えず、文章では話す速さや声のトーンなどもお相手には伝わりません。じっくり文章を考えてお相手とコミュニケーションを図ることが出来るのがネット婚活の特長ですから、どんなメールを送ればお相手に良い印象を持ってもらえるか、自分だったらどういうメールが送られてきたら嬉しいかを意識するようにしたいものです。

最初に送るメールのポイント

多くの方が出会いを探しているネット婚活において一通目のメールというのは非常に重要です。そのメールの印象で今後メールを続けてみるかどうかを判断されるからです。直接顔を合わせないため緊張をしなくて済むのがネット婚活ですが、目に見えないぶんライバルも数多くいる可能性もあります。まずは、一通目のメールで周りと差をつけるようにしましょう。

異性のプロフィールを見て興味を持つお相手がいた場合には積極的にアプローチしましょう。最初に送るメールで気をつけたいのは、『一斉送信と思われてしまうようなメールを送らない』こと。
これは特に男性に多いのですが、挨拶と自己紹介だけを書いたメールを送りつけてしまうパターンです。挨拶も自己紹介ももちろん大切です。ですがそれだけが送られてきたお相手はなぜ自分にメールを送ってきてくれたのかがわかりません。誰にでも送れるようなメール内容でなく、そのお相手のために考えたとわかる具体的な文章を入れることが大切です。

「趣味は映画とのことですが、どんなジャンルがお好きなんですか?」「私も犬を飼っているんですよ」など、お相手のプロフィールを見て惹かれた部分をきちんと伝えるようにしましょう。プロフィールをしっかり見てメールをくれたとわかって嬉しくない人はいません。共通の話題があることでその後の返事もしやすくなるはずです。

メールの頻度とタイミング

惹かれるお相手が見つかった場合にはたくさんメールをしてより早く、より多くお相手の情報を得て距離を縮めたいものです。お相手にとっても、興味を持って積極的に連絡をくれるという姿勢は嬉しいものです。ですが忙しい社会人にとってメールに割ける時間というのは人それぞれ。当然お互いの都合が合わずにメールのキャッチボールが弾まないこともあります。

インターネットでの婚活の場合には焦りすぎないことも大切になってきます。また、逆にあまりメールをする習慣がない方も注意が必要です。
メールでの連絡がすべてのネット婚活において、メールをしないというのはお相手に興味がなくなったと思われてしまいかねないからです。基本的には1日に1~2回、少なくても2日に1回はメールをするようにしたいものです。お仕事の都合などで夜遅くや早朝といった時間になってしまう場合には一言断りを入れておけば大丈夫でしょう。

メールで使用したいフレーズ

日常会話でもメールでも、いい印象を持ってもらうためのポイントは基本的に同じです。最初には「こんにちは」や「お疲れさまです」といった挨拶をし、最後には「お返事をお待ちしています」といった結びの文章を入れる。これだけでもお相手に気持ちのいい印象を与えることは出来ます。将来を考えたまじめな出会いを探してネット婚活をしている方ならば、毎回この挨拶はきっちりしておくようにしましょう。
また、「ありがとう」という言葉を使われて嫌な気持ちになる方はいません。「ありがとう」や「嬉しい」といったポジティブな言葉を多く使うことで、メール全体の雰囲気も明るくなります。

■男性から女性に送るフレーズ

女性に対するアプローチとして有効なのは、やはりよく話を聞いてあげることです。普段のメールをじっくり読んでそれに対するコメントを含めた返信をするだけでなく、以前聞いた話を盛り込んだりするといいでしょう。「最近仕事が忙しいと言っていたけど落ち着きましたか?」など、お相手から前に聞いていた情報を元に自分から話を振ってあげましょう。ちゃんと気にしていてくれたことに女性は感激するはずです。メールの中で得た情報はしっかりチェックして次回に活用するように意識しましょう。

■女性から男性に送るフレーズ

男性は一番になりたい生き物だとよく言われます。メールをしている中でも褒められるポイントを見つけたらすかさず褒めてあげるようにするといいでしょう。「フットサルをやっているってかっこいいですね」「そんなことを知っている方は初めてです」など、少し大げさなくらいでも大丈夫です。
自分の周りにいる男性とは違う特別な存在であるという旨をアピールすることがポイントです。

メールを送る前に

ひとつの文章を見てどういう印象を持つかは人によって違うものです。「はじめまして、こんにちは」にしても人によっては丁寧だと感じるでしょうし、絵文字や顔文字を好む人が見ればそれは少し寂しい文章に見えてしまうということもあります。
自分の文章が意図したまま相手に伝わるとは限らないのです。自分のメールが相手からどう見られているか、送る前にもう一度確認して送信するようにしましょう。