ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索
恋愛力を高めるために(男性編)

ネット婚活の基礎知識

恋愛力を高めるために(男性編)

恋愛力を高めるために(男性編)

出会いのきっかけや交流のチャンスはたくさんあっても、その恋を実らせる力が不足していては、恋愛が成就することはありません。
恋愛力は考え方を変える方向転換や少しの努力で高めることが出来ます。素敵な理解者と巡り会えた時により良い恋愛を楽しんでもらうため、心掛けて欲しいポイントをご紹介します。

自分の時間を作ろう

恋愛をすると、「好きな女性ともっと一緒にいたい」「ほかの人の予定は一切いれないで彼女との予定を詰め込みたい」など時間を共有したくなるものですが、それと同時に男性は独占欲も強くなりがちです。それをお相手も受け入れてくれるのであれば問題ないのですが、人によっては束縛されているようだと感じる方もいるでしょう。

恋愛力を高めるためにも、自分1人の時間を大事にする気持ちも大切です。新しいことに挑戦してみたり、美味しいお店を見つけたり。男性からすれば、少しは自分の方が優位に立ってカッコイイ所を見せたい気持ちや、彼女をリードしてあげたい気持ちがありませんか?デートの時に普段とは違うスポットへ2人で出かけるのも新鮮で良いのですが、プランや時間帯を間違って予定を組んでしまうことや、お店の料理の味が口に合わないとせっかく企画したデートも台無しです。きっと彼女もガッカリしてしまうでしょう。下調べの意味も含めて時には1人で行動することが会話ネタを増やし、デートの提案力へと変化していきます。

迷う時間を減らそう

「電話をかけようかな」「デートに誘おうかな」「告白しようかな」と、気になるお相手がいれば、このような迷いは必ずあります。
ですが、この迷う時間が長いほど恋愛の発展速度も遅くなります。そしてお相手にも、この人はどう思っているのかな?と不安にさせてしまい「優柔不断な人だなぁ」と悪い印象を抱かせることになります。

よほど嫌いなお相手でない限り、電話がかかってきて迷惑だと感じる方はいないですし、少しでも気があればデートや告白は嬉しく感じるものです。まず、どうしようかなとアクションを思い浮かべている時点で、自分はそうしたいと考えているのですから、迷わず行動に移すべきです。
何も手応えがないのにデートに誘おうと思ったり、ましてや告白をしようとは考えませんよね。自分の気持ちに正直に進みましょう。

尽くしすぎに注意しよう

お相手に惚れて夢中になるあまり、周りが見えなくなってしまった経験はありませんか?「どうしても結婚したい!」「早く幸せになりたい!」と目標を持つことは良いことですがそれ故に他のことがおろそかになってしまい、仕事や知人に迷惑をかけるようでは恋愛力の高い男性とは言えません。
恋愛力が高いというのはお相手を思いやる一方で、お相手を惹き付ける力も持ち合わせている方のことです。
恋愛は惚れた方が努力すれば実るというわけではないですし、お互いが想い合ってこそ成り立つものなので恋愛に費やすパワーとその他に向けるパワーのバランスを自分でしっかりコントロールしていきましょう。

過去と比較するのは止めよう

新しい恋に踏み出すのは、誰でも勇気が要るものです。ですが、恋愛力の高さは過去の経験に比例するものではありません。
1人1人顔や性格が違うように、恋愛のスタイルも十人十色です。不安や焦りからつい過去の経験を思い起こして、新しい恋にも適用させたくなりますが、「前にこういうことがあったから」と対策を講じたところで、お相手が違うのですから予想外の事態が起きることもあります。
どんな反応が返って来ても、お相手を受け止めてあげる寛大な気持ちを持ちましょう。

それと同時に、お相手の過去に対しても理解を示す必要があります。お相手が過去にどんな方と付き合っていても、それは変えられないのですから、今誰と向き合っているのかという現実をしっかり見て、お相手のこれまでの経験も自分に出会うまでの前置きだったと考え受け入れましょう。
お互いの過去に惑わされない絆の深い関係を築くことがこれからの幸せへ繋がります。

愛情を貰うより与えよう

恋愛力が低い方の中には、「これまでお付き合いしたことがないから…」「上手に話せないから…」と自分に自信が持てずにいる方が多いようです。
経験値の低さや自分を好きになれないことが、自信を喪失させているのです。
ですが、自信のない部分があるということは、自信を持てる要素へと変える可能性を秘めていることになります。これまでお付き合いをした人数や出会いの数は、恋愛力とは関係ありません。
逆に、お付き合いをした人数が少ない方が誠実で好印象に感じる女性も多いです。

大事なことは、いかにお相手へ愛情を伝えられるかどうかが問題なのです。最初から無理だからと決めつけて、愛情を出しきれていないのではないでしょうか?時には、お金をかけて愛情を品物や高価な料理へと変化させることも出来ます。
しかし、女性が求めているのはそのような愛情表現ばかりではないのです。日頃からのさりげない気遣い、お相手を思いやる行動や感謝の言葉を伝えることが重要です。

プレゼントは、「私のために買ってくれたんだ」と気持ちが伝わりますが、一時的なものです。
結婚相手として求める愛情は、日常の優しさや安らぎです。マイナスに感じている部分をプラスに転換させることは簡単ではないので、無理をする必要はありません。

出来ないことばかりを考えるのではなく、出来ることを見つけて愛情を自分から発信させる力こそが恋愛力なのです。“自分らしい”愛情表現を行いましょう。