ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索

恋愛コラム

恋愛コラム

甘酸っぱくって胸キュンしちゃう初デート。
お互いのことをまだ良く知らない段階で、どう会話を切りだしたらいいのか、何を話したらいいのか、2016年に大ヒットを飾ったムズキュンドラマのように焦れったい展開になりがちです。今回は、初デートを成功させた方の体験談をご紹介します。

Episode 01初デートで誠実さを感じられた(20代・男性)

恋愛コラム初デートで誠実さを感じられた(20代・男性) 婚活中に知り合った彼女は、はじめて話した時にすごく好印象だったのを覚えています。僕としては、人と話す時に目を合わせるのは当たり前のマナーだと思っているのですが、意外にできていない女性が多い気がします。

恥ずかしくて下を向いちゃうのかもしれませんが、人が話しているのによそ見されると、あまり良い気がしなくって。でも、彼女は真剣に目を見て僕の話を聞いてくれました。しかも、僕の話に合わせてクルクルと表情を変える姿がとてもかわいかったですね。

◆ひとこと◆

「人の目を見て話をきく」。これは会話の基本ですが、シャイな日本人にはなかなか難しいことかもしれません。緊張している初デートだとなおさらでしょう。しかし、目を見て話を聞ける方は、相手に好印象を与えることができます。男女ともに、自分の話をしっかり聞いてくれる相手に心を開きます。優しい笑顔や楽しそうな表情で話を聞くことで、初デートの会話が盛り上がりますよ。

Episode 02今さら聞けない初デートの会話術(30代・女性)

恋愛コラム今さら聞けない初デートの会話術(30代・女性) 実は、男性とお付き合いすることなく30代に突入。婚活を始めて、はじめてデートすることになったのですが、今まで女友達にも妙な見栄をはってしまっていたので、今さらこの年で、初デートの仕方が分からないと相談することもできませんでした。仕方が無いので、グーグル先生で予備知識を頭に叩き込んで初デートをしました。

ちなみに、初デートの会話では、彼の話が面白かったので、思わず笑ったり、たくさんリアクションを取ったりしてしまったのですが、それが良かったようで帰り際に彼から「楽しそうに聞いてくれるから、いろいろ話しちゃったなぁ」と言われました。 初デートは特に緊張するものですが、いつもの自分らしく楽しく相づちを打って会話をすることが大切だなと実感しました。

◆ひとこと◆

デートの会話も、ふだんのコミュニケーションと同じです。なので、「初デートだから」と構える必要はありません。楽しいデートの会話の秘訣は、自然体に会話のキャッチボールを楽しむことです。 相手の話に合わせて相づちを打てば、相手は自分の話を聞いてくれていると実感し気分を良くします。話すつもりじゃないことまで、ついつい話したくなってしまうかもしれません。話が盛り上がって、きっと話題に困らないでしょう。

初デート会話術のワンポイントアドバイス

上記に挙げた、「目を見て話を聞くこと」「相づちを打つこと」に加え、初デートの会話が楽しくなる方法をご紹介します。

会話のネタを用意する
時事ネタからエンタメまで、当たり障りのないネタを事前にいくつか用意すると良いでしょう。初デートでは、ネガティブな内容は避ける方が無難でしょう。
質問して、会話を掘り下げる
楽しい話や面白い話限定で、相手に質問をして、会話を掘り下げてみましょう。 初デートでは、相手が嫌がっていることやあまりプライベートな話につっこみすぎたりしないように気を付けましょう。
相手との対話を楽しみましょう
初デートの会話で一番大切なのは、目の前にいる相手との会話を楽しもうとする気持ちです。
「この方はどんな話をするのかな」「今どう思っているだろう」など、相手のことを考えながら話すと良いでしょう。

※この情報は変更することがありますのでご注意ください。