ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索

恋愛体験談(スイーツ男子の場合)

恋愛コラム

スイーツが好きな男性たちをスイーツ男子と呼びます。女性の場合は、スイーツを楽しむことが好きで、味や見た目、お店の雰囲気などを重視します。しかし、スイーツ男子は味重視の方がほとんど。見た目やお店の雰囲気はそんなに重要視しない傾向があります。その代わりに、このスイーツにはどんな歴史があるのか、どんなもので作られているのか、などと考える男性が多いです。

また、ロールケーキはどこが美味しい、ここのシュークリームの特徴はクリームの甘さが・・・など、お店にも詳しく、うんちくを語ることが好きな特徴も。
今回は、そんなスイーツ好きな男性たちの恋愛体験談をご紹介します。

スイーツ男子の体験談1男として見てもらえない

高校生の頃から、部活帰りに彼女と甘い物を食べに出かけた影響で、すっかりスイーツ好きになりました。(その彼女とは大学で遠距離となり、別れてしまいました)
その後、女性との出会いの機会が何度もあったのですが、新商品のお菓子の話題や、コンビニスイーツの話で盛り上がっていて言われるのが、「〇〇君って女子みたいだね。話しやすい」と言う言葉。彼女たちの恋愛対象外なんだと自覚させられました。
今、ネット婚活を行なってみようか悩んでいるのですが、ネットで婚活する際にスイーツ好きと言うことはアピールしない方が良いのか、悩んでいます。
(33歳・団体職員)

POINT

ここ数年、スイーツ好きの男性が急増しています。
前々からスイーツが好きだった方、コンビニなどで見かけて食べているうちにハマってしまった方、様々な方がいますが、中には女性に近付くのにスイーツ話題は盛り上がり打ち解けやすいからと、スイーツをわざわざチェックしている男性も。スイーツ男子は、女性から受け入れられやすい存在なのです。
そんな特性を活かさないのはもったいない。ぜひ、ネット婚活でスイーツ好きをさりげなくアピールして下さい。スイーツ好きでも、男性をアピール出来る場はたくさんあります。重い物を持ってあげたり、さりげなくレディファーストをしてあげたり。
また、「女子みたいだね」などと言っている女性も、時々男性を意識させられるようなシーンがあり、実はドキッとしていたりすることもあります。女性のからかう言葉は真に受けなくて大丈夫です。彼女たちは「話しやすい」と言っているようなもので、恋愛対象外と言う意味ではありません。

スイーツ男子の体験談2気持ち悪いと言われた

女性は皆、甘いものが好き。そんなイメージがずっとありました。僕は男子校に通っていたため、女性に対してそんなふわふわとしたイメージや憧れが凝り固まっていたのかもしれません。
インターネットで婚活して、ある女性と仲良くなりました。僕は彼女などいたことがなく、初めてのデートは、お気に入りのお店に連れて行きたいとずっと夢見ていました。念願叶い、初デートの時にその店に連れて行き、パフェを注文。ちなみに彼女はブラックコーヒーのみ。そして、「甘いものを美味しそうに食べる男子って気持ち悪い」と暴言を吐かれてしまい、ショックでした。
(25歳・警備)

POINT

彼女はスイーツ好きの男性を気持ち悪いと感じたわけですね。
そんな風に、人の好きな物を「気持ち悪い」と一刀両断するような彼女の人柄は、思ったことを素直に口にする正直な方なのでしょう。気にしないで下さい。スイーツ好きの男性を気持ち悪いと感じている女性はごく一部です。自分の父親や兄弟がスイーツを食べないと、男性はそう言うものなのだと誤解しやすくなります。彼女自身も甘いものが苦手なら、さらに引いてしまうこともあるでしょう。
次のネット婚活で出会いがあった際には、メールでもっとスイーツの話を出してみてはいかがでしょう?スイーツが好きなあなたのことを、そのまま受け入れて好きになってくれる女性との出会いは必ずあります!スイーツが苦手な方と無理してお付き合いするよりも、甘いものを食べながら二人で幸せになれる、そんなデートをおすすめします。

スイーツ男子の体験談3スイーツ話題で打ち解けてカップルに

彼女とは、インターネットの婚活サイトで出会いました。
プロフィールに『甘いものが好き』と書いていた彼女に「おすすめのケーキ屋教えて下さい」とメールを入れたのが、きっかけ。彼女のおすすめのケーキ屋は、自分も好きなケーキ屋で、一気に話が盛り上がりました。
逆に彼女からおすすめのケーキ屋を聞かれて伝えると、「どこにあるんですか?行ったことないけど気になります。場所、教えて下さい」とメールが!これはチャンスだと思い、勇気を出して、「分かりづらいところにあるので、一緒に行きましょう」と誘ってみました。
でも、実はそれは嘘。そのお店の場所は決して分かりにくくありません。一緒に行って、「分かりやすい所にありましたね」と彼女は大爆笑。スイーツ話題で打ち解けて、次第と色々な会話をするようになりました。もっとたくさん話したい。もっと一緒にいたい。そう思うようになり、自然と告白。付き合ってそろそろ3ヶ月が経ちますが、本当に楽しくて幸せです。今度の日曜日も、新しいお店を二人で新規開拓してきます!
(28歳・広告関係)

POINT

スイーツ好きの女性にとっては、スイーツ男子は話しやすい存在。
それをきっかけに仲良くなるのは恋愛の近道です。男性からさりげなく誘ってくれる、男性から話題を提供してくれる。そんな男性に対して、女性はほっとすると同時に恋心を抱きやすくなります。
スイーツ好きは、あくまで出会いのきっかけです。そこからどんな行動を取れるか、会話を楽しむことが出来るかで、状況は変わります。もっとたくさん話したいと思ったのは、二人で充実した楽しい時間を過ごせたから。彼女も楽しく感じたから、恋愛がうまくいったのです。