ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索

絶食系男子の恋愛体験談

恋愛コラム

恋愛に好奇心旺盛な男性もいる反面、全く興味のない男性もいます。
男性同士でつるんでいるのが楽しい。わざわざ女性と付き合いたいと思わない。女性にお金を使うくらいなら、自分の為に使いたい。
そんな風に考えがちな絶食系男子は、親から「いい加減に婚活でもして結婚しなさい!」と尻を叩かれ、婚活を始めるパターンが多くなります。絶食系男子の中には、本当は女性に興味があるのに興味のないフリをしている方や、ひどい振られ方をした経験がある方、たくさんの女性に恋をしたけれどもことごとく振られてしまった方なども、絶食系に走ってしまうことがあります。
もちろん、本当に全く女性や恋愛に対して、興味の無い方もいますが、そんな方でも、友達としてメールをしているうちに、何かの拍子で恋愛に発展することもあり得ます。
今回は、そんな絶食系男性の婚活体験談をお伝え致します。

絶食系男子の体験談1どうしても、デートに誘う勇気が出ずに・・・

親に「いい加減身を固めてくれ、結婚してほしい」と言われました。しかし婚活パーティーなどの華やかな世界に行く気になれません。結婚相談所は1対1のお見合いで何を話していいのか分からないし、合コンなどは絶対無理。
諦め半分で、インターネットで楽に婚活出来る方法を探しました。そして見つけたのが、ネットで活動する婚活でした。
「家にいるだけで婚活が出来る!」と思い、即ネット入会。
最初はメールの返事を出すのが面倒だったのですが、すごく話が合う女性と出会い、だんだんとメールをするのが楽しく感じてきました。
今まで女性と付き合ったこともなく、こんな風にメールを交わしたこともない自分には、新鮮でした。絶食系男子と言われている男性の中には、僕のように経験がないから避けていただけと言う方が実は多いのではないかと思います。
勇気を出して、「今度一緒にランチにでも行ってみませんか?」とメールをしたかったのですが、なかなかその勇気は出ず・・・
そのうちに、だんだんと彼女から連絡が来なくなり、最終的には音信不通になってしまいました。
彼女となら、普通にお付き合いが出来たのでは?と、今になって後悔する気持ちでいっぱいです。あの時、たった一言をメールで送っていれば、何かが変わっていたのかもしれないと思うと、悔しい気持ちになります。
(38歳・出版関係)

POINT

女性には、自分からデートに誘える肉食系女性もいれば、自分からデートに誘うのが苦手な草食系女性もいます。そして覚えておいてほしいのは、あなた以外の誰かとも連絡を取り合っている可能性があると言うことです。誘う勇気が出ない。そう言って躊躇している間に、他の男性が彼女をデートに誘うかもしれません。
メールだけの相手と、メールで仲良く話した後実際に会った相手。
どちらの方に気がおけるかと言えば、もちろん実際に会った方です。
デートを重ねていく間に、あなたのことがどうでもよくなってしまうこともあるでしょう。
今回は残念でしたが、次の恋へのステップにしましょう。

絶食系男子の体験談2女性慣れしてないため・・・

昔から男子校に通っていたせいか、女性と何を話して良いのか分かりません。気が付けば、女性とまともに会話をしたことが無いうちに大人になってしまっていました。
女性に対して、興味が無いわけではないと思うのですが、お付き合いするなど想像がつかない状態です。
先日知人の紹介で女性と会ったのですが、何を話して良いのか分からず、会話の主導権を彼女に一任してしまいました。その結果、「一緒にいて疲れた」と言われてしまいました。
何とかして女性に慣れないといけないと思う反面、面倒だから一生独り身でも良いかな、などと思ってしまう自分もいます。
(28歳・WEB関係)

POINT

女性と何を話していいのか分からず、会話をお互いに楽しむことが出来ず、結果として彼女を疲れさせてしまったとのこと。何でも良いのです。彼女に何か聞いてみたいなと思うようなことはありませんでしたか?初対面の男女が会ったとき、沈黙が訪れるのは当然です。
しかしそんな時、会話の主導権を委ねてしまうのではなく、自分からも何か会話を探して下さい。
会話を全く探そうともしない態度でいられると、誰でも疲れてしまいます。
彼女に質問しても良いですし、自分のことを話してもかまいません。
仕事の話、趣味の話、自分が最近体験した面白かった出来事、自分の家族の話、好きな食べ物の話、最近見たテレビや映画の話、好きなアーティストの話。
考えれば、実はいくらでも話題は転がっているのです。
話題を探すときに、触れられたく無いようなナイーブな話(例えば過去の恋愛歴の話など)は、避けて下さい。会話が苦手なら、まずはメールから始める出会いがおすすめです。
メールなら、直接会って話すよりも気兼ねせずに会話が出来ます。そこで色々な話しが出来れば、いざ会おうとなった時に、メールで仲良くなっている分会話がスムーズに弾みます。

絶食系男子の体験談3趣味の話で盛り上がり・・・

自分の趣味は、女性から見るとマニアックな車関係。
若いころは改造などしていましたが、最近は周りの目もあり、あまり改造等はしなくなりました。それでも、やはり車が好き。車と女性、どちらを愛するのかと言われれば、間違いなく車を取ります。
女性にお金をかけるくらいなら、車にお金をかけたい!
そんな風に思っていた自分ですが、色々と縁があり、ルミエールに登録させて頂きました。
そこで車好きの女性と出会い、メールで車についての話をするうちに、実際にお互いの車が見たいねという話になりました。
最初はただの女友達でしたが、何度も彼女とメールをするうちに、ほのかに恋愛感情が芽生えてきたみたいで、実際に会ってから、彼女と付き合いたいと思うようになりました。
結婚するなら、彼女しか考えられないとさえ思いました。
今まで、誰かと付き合いたいとか思うことがなかったので、自分でもビックリしています。
その後も何度もメールをやり取りし、1週間後に会うことになりました。
出会って、ベタですが車で夜景を見に行き、そこで告白。OKの返事を頂いた時は、本当に嬉しかったです。
今なら、車と彼女を比べたときに、どちらも好きだと言えるほど愛しています。
(彼女とのメールのきっかけになった車は、彼女と同じくらいずっと大切です)
(31歳・公務員)

POINT

同じ趣味同士で話が盛り上がったのが成功の要因でしょう。
話が会う人を好きになる方は多いです。特に、自分の好きなものを同じように好きな人。これはポイントが高いです。出会う前に何度もメールをして仲良くなり、気持ちを育んでいった2人。
何度も出会った後での告白は、逆に友人のポジションになる可能性が高いので、気が付いたらすぐに行動に移せたことも、成功の鍵になっています。
女性は、男性から告白してもらうことに憧れている方がたくさんいます。
ぜひ、絶食系や草食系と自覚している男性達に見習って頂きたい行動力です。