ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索

野獣系男子の恋愛体験談

恋愛コラム

肉食系男子よりもさらに積極的に女性にアプローチする野獣系男子。ふられてもめげない、強い心の持ち主です。恋愛における性格だけではなく、大きな体格やマッチョ体型の方を野獣系男子と分類することもあります。

今回はそんな野獣系男子の婚活体験談をお伝え致します。野獣系男子の方は、これらの体験談をぜひ自分の恋愛の糧にして下さい!

野獣系男子体験談1自分を好きになってくれそうな女性にアプローチ

ルミエールで、「肉食系男子が好き」や、「男っぽい人が好き」など書かれている方に連絡をとってみました。少しくらい自分の好みでなくても、実は連絡をとってみたらすごい良い子と言うパターンが多いです。

メールは、何気ない話題を頻繁にやり取りしています。「おはよう」からはじまり、夜寝るまでの「おやすみ」まで、時間があればメールしています。メールで意気投合し、先日実際に会ってみました。メールの明るい印象通りの女性で、手を繋いで水族館デートをしました。その日以来、さらに楽しくメールのやりとりをしています。

(30歳・男性・土木関係)

POINT

恋活において、需要のある方にターゲットを絞って恋愛相手を探すのは、とても効率的でおすすめの方法です。野獣系男子は、多くの女性からモテルというタイプではありませんので、自分を好きになってくれそうな女性を恋愛対象としてチェックしてみましょう。押しが強い男性を好む女性をぜひ探して下さい。

野獣系男子体験談2肉食系に擬態して

好きな人が出来ました。いつも、強引に誘いまくってふられてしまうため、今回は友人と作戦タイム。草食系に擬態すると言う(ロールキャベツになる)案もありましたが、そんなに器用ではないので却下。

女友達に相談したところ、「男性から積極的にアピールされるのは嬉しいけれど、しつこいとうんざりする。特に、親しくなる前に口説かれると、ただの軽い男だとしか感じないし、かなり怖い」と言う言葉をもらい、「積極的にアピールする」肉食をみせつつ、「しつこくする」と言う野獣系のところは隠す作戦に。

まずはメールで親しくならなければと思いましたが、親しくなるためにしつこくメールをするのは厳禁。そこで、メールは、相手から返事がなければ最低3日はおくなど、相手の都合などを考えたルールを決め行動しました。 その結果、「決断力があって、頼りがいがあって、無理は言わないところが好き」と言ってもらえ、今は少しずつ本性を小出しにしています。

(26歳・男性・企画営業)

POINT

自分のどこがダメで振られるのかを、友人に相談して分析し、そこから相手を思いやる姿を見せられたのは大きな勝因でしょう。恋愛は、相手の都合を考えながらも自分の気持ちを見せることが大切。自分の気持ちだけで突っ走るのではなく、今後も彼女の気持ちを考えながらメールやデートを楽しんで下さい。

野獣系男子体験談3怖がられてしまいました。

友人数人で遊びに出かけた時、その中に自分の好みにドストライクの女性がいました。しかし、彼女は俺の大きな体格が怖いとのこと。しかし、友人が「体格は慣れるものだし、見かけで人を選別したらダメ!今日は皆で仲良く遊びましょう」と言ってくれ、彼女も怯えながらも普通に接してくれました。

本当は口説きたかったのですが、さすがに自分を怖がっている人を口説く気にはなれず、その日は彼女に接する時はすごく注意を払って出来るだけ怖がらせないように接しました。いつもはガンガン口説くのですが、今回は、まず仲良くなれたらいいなと思っています。

(32歳・男性・運輸関係)

POINT

男性に慣れていない女性や、男性に苦手意識のある女性は、体が大きな男性を苦手とします。積極的なアピールも怖がりますので、少しずつ怖くない人と知ってもらい、体の大きさにも慣れてもらいましょう。紳士的な態度や、思いやりのある行動、優しさなどが、女性の心を解きほぐします。