ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索

好印象を残すLINEテクニック(女性向け)

恋愛コラム

ネット婚活で出会いを探して気が合う方がいらっしゃれば、個人的に連絡先を教えることもあるでしょう。 連絡先交換は、最近はメールアドレスではなくLINEのIDが主流に。手軽に利用できるLINEは、今では出会いを探す男女に欠かせない婚活ツールとも言えるでしょう。

既読スルーを許してくれる (34歳・男性・出版社)

仕事が疲れていて、LINEの途中で寝てしまいました。しかも、既読にして、打っている途中に寝落ち。翌朝も寝坊して、そのまま放置。 中途半端に放置していたことに思い出したのは、昼休みでした。「怒ってるかな?」と思いましたが、特に咎めたりするメッセージはなく。
「昨日はゴメン、寝落ちしました」と連絡したら、「大丈夫?疲れてるよね。昨日は夜遅くまでLINEに付き合わせてごめんね。でも、楽しかったので、これからもよろしくお願いします!寝落ちOKだよ」と。 その後も、度々既読スルーしていますが、一度もそれに関して怒られることはなく、気を遣わずに連絡を取り合うことができます。

既読スルーは笑顔で許そう

既読スルーされると、「何で返事くれないの?」などのお返事の催促メールを送ったり、質問攻めメールを送ったりする方がいますが、それは逆効果。既読スルーされても笑って許せる気持ちのゆとりが大切です。 男性は、縛られるのが苦手な方がほとんどで、「今何してるの?」「何で返事くれないの?」といったメールが苦手なので気を付けましょう。
返事が必要なものに対しては、「忙しいところごめんね」「届いてないかもしれないから、もう一度送るね」などの言葉をつけると、印象がガラリと変わります。

気遣いのメッセージにキュンとしました (29歳・男性・公務員)

毎日夕食を食べてからLINEを自分から送っていたのですが、その日はたまたますごく忙しくて、いつもの時間帯に送ることができませんでした。 そうしたら、彼女の方から「大丈夫?体調とか崩してない?」「今日はLINE来ないから不安になっちゃった」「きつかったら返事不要だよ〜」とメッセージが! このメッセージにキュンときて、彼女と結婚したいと意識するようになりました。

気遣いメッセージは人気

誰だって気になる人からの気遣いは嬉しいものです。 「大丈夫?」「お疲れ様」「無理しないでね」「頑張ってるの知ってるよ」など、言ってもらえたら嬉しいですよね。
ぜひ、相手に素直な気持ちで送ってみてください。優しい良い子だなと、あなたの株が急上昇するかも。急上昇しなかったとしても、マイナス印象をもたれることはまずありません。

いつも明るい彼女が… (25歳・男性・外資系企業)

ルミエールのネット婚活で出会った彼女は、いつもポジティブで明るい子。そんなところに魅かれて、LINEを交換しました。
ある日、いつものようにメッセを送ったら、彼女の様子が違うのです。いつもポジティブな子が、仕事でミスをしてへこんでいて・・・そんないつもと違う姿にキュンとしてしまい。 よくよく話を聞けば、まだ職場にいるとのことで、「仕事終わってから会おう。直接話聞くから、辛いこと全部ぶちまけてよ」と伝えました。 彼女の職場近くのファミレスを教えてもらい、はじめて彼女と直接会いました。そんな出会いでしたが、彼女と来月籍をいれます。

ギャップは大きな武器

ギャップが好きな男性は多いもの。いつも明るい女性や、しっかり者の女性が弱っている姿に、キュンとくるもの。いつもポジティンブだからこそ、たまに落ち込むその姿も魅力的に見えるのです。
いつもマイナス思考でへこんでいては、なかなか恋愛に発展しません。日頃の姿が大切です。

他にも細かいテクニックとしては、「○○くん」と相手の名前で呼びかけること。名前は特別親しい印象を与えてくれます。
またLINEと言えば、スタンプを使う方が多いでしょう。その時、かわいいスタンプを送るように意識してください。気持ち悪いスタンプは、女性らしさを感じさせず、幻滅されてしまうことも。また、多用しすぎはNGです。女性同士のLINEはたくさんスタンプを使う方が多いですが、男性に対しては控えめを意識しましょう。
女性から男性に対してのメッセージは、言葉遣いにも注意してください。男言葉や汚い言葉をLINEで使うと、それだけで引かれてしまいます。

男性からLINEでデートに誘われたら、「まだ早いのでは?」と女性はついつい身を守りがち。ですが、チャンスはその時に掴みましょう。2回目のお誘いがあるとは限りません。後から後悔するのはもったいないですよね。
100回のメールよりも1回のデートの方がお相手を理解できますし、距離を縮めることができます。