ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索

恋愛体験談(こじらせ女子の場合)

恋愛コラム

自分に自信がなく、女性としての魅力が自分には備わっていないと思い込んでいる、こじらせ女子。 褒められてもその言葉を素直に受け取ることが出来ず、言い寄られても騙されているのではないかと相手を疑ってしまいます。恋愛に対しては努力の仕方さえ分からない。 そんなこじらせ女子たちに、恋愛体験談を伺ってみました。婚活中のこじらせ女子も、こじらせ女子にアピールしたい男性も、こちらの体験談をぜひ参考にしてみて下さい。

こじらせ女子体験談1この人とならと思える相手に出会えて

自分に自信がなく、恋愛経験もない私。それでも、親の「孫の顔が見たい」と言う思いは、密かに感じ取っていました。このままではいけない。でも、どうして良いのか分からない。そんな時に見付けたのが、メールでの出会いを楽しめるサイトでした。
これなら、自分自身に自信がなくても、うまく関係を築けるのではないかと登録。写真を載せるのにはすごく悩みました。これを知り合いに見られてしまったらどんな反応をされるだろう?そう思っていましたが、ある日ふと、「見られてしまってもお互い様だ。相手だって登録してるんだし」と気が付き、登録をしてしまいました。
数人の方からメールが来た時に、素直に喜べばよかったのですが、「からかわれてる」と思って、マナー違反とは知りつつも「ごめんなさい」の一言すらも返信出来ずにいました。しばらくそんな感じで、連絡が来ても返せなかったのですが、ある男性から「こんにちは、はじめまして。僕も自分に自信がなく、時々会社にいてもどうして良いのか分からなくなります。朝起きても、自分の存在に意味があるのか分からなくなって、でも死にたいわけじゃないし、こんな自分にも任せてもらえる仕事があるから会社に行ってます。読書やテレビが好きなところもあなたと同じです。でも、変わりたいと思って、ここに登録しました。こんな僕でも良ければ、少しメールでのお話し相手になってもらえませんか?嫌なら返信はいりません。突然長文で連絡をいれてごめんなさい」とメールが来たのです。
顔は正直好みではなかったのですが、この人とメールでお話をしてみたいと思い、連絡を取り合うようになりました。メールをはじめて3ヶ月。まだ、お互いに「会おうか」の一言は出て来ません。いつか、会いたいと思い思われるようになれば素敵だなと思う反面、その一言を聞くのが怖い気もしています。

(30歳・女性・事務)

POINT

お相手からの誠実な言葉や共通点に安心を抱くのは、こじらせ女子も、他の女性も同じです。
連絡を取りたい相手が、どんな言葉なら負担に思わないか、自分に興味をもってもらえるか、考えながら連絡を取ることは大切。こじらせ女子は、自己評価が低いですが、その気持ちに寄り添ってくれる方をとても居心地が良いと感じます。
しかし、同じタイプの二人が連絡を取り合うと、一度すれ違うと互いに諦めてしまったり、卑屈になってしまうこともあります。相手を大切に思う気持ちを持って、時には勇気を出して自分の本音を伝えるようにしましょう。

こじらせ女子体験談2会って幻滅されるのが怖い

自分が今はやりの「こじらせ女子」と言うことは、自覚しています。
当初は、こんな私でも受け入れてくれる人がいればと思い登録しましたが、気が付けばメールで別人格を装ってしまうようになりました。実際に私と会ったことがない人は、私のことを知らない人たち。
気が付けば見栄を張ってしまい、メールの私は明るくて社交的。
でも「会おう」と言われた瞬間、幻滅されるのが怖くなり、お断りしてしまいます。こんなことを繰り返していたら、出会いなんてあるわけがありません。いつも、落ち込んでしまいます。

(24歳・女性・派遣社員)

POINT

人は誰でも、メールを送る時に自分を偽ってしまうものではないでしょうか?
100%ありのままの自分を出すのは、気恥ずかしいし難しいものです。偽った自分もまた、自分自身です。その人に会ってみたいと思う気持ちが少しでもあるのなら、幻滅されるのを覚悟の上で、一度会ってみてはいかがでしょう?あなたが気になっている人は、あなたのこじらせた一面を見て、驚いてしまうかもしれません。でも、それも受け入れてくれる可能性もあります。
そこは、会ってみないと分からないものです。また、会う前に、少しずつメールで本当の自分の姿を出していけるようになりましょう。実は私、こんなこと書いてるけど、違うの。と伝えることが出来れば、気持ちも落ち着いていくのではないでしょうか。

こじらせ女子体験談3勇気を出した結果

ずっと男の人が苦手でした。女の子たちが恋に夢中になるのも良く分かりませんでした。恋愛漫画は面白いけど、自分がそうなりたいなんて思えなかった。でも、ある日、このまま一生一人で生きて行くのか怖くなって、ルミエールに登録しました。
最初はメール1通返信するのに、1日費やして悩みながら書いていましたが、だんだんと彼から連絡が来るのが楽しみになるように。ルミエールで出会って、実際に会うまで4ヶ月。おそらく他の人よりも時間をかけた恋愛ですが、そこからさらに1年半。この度結婚が決まりました。一歩踏み出す勇気。そこから、人生が変わっていくんだなと実感しました。

(33歳・女性・介護福祉)

POINT

ご結婚おめでとうございます!
自分から行動を起こす勇気、相手との連絡のやりとりが楽しくなったら、会いたいと思うのは自然な流れです。そこで、悩みながらも会うことを決意したことで、幸せを掴むことが出来ました。
会わなければ、結局何もはじまりません。また、こじらせ女子とお付き合いを考えている男性の方は、時間をかけて、ゆっくりとその心を解きほぐしてあげて下さい。