ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索

会いたい気持ちを伝えたい!魔法のことば事例:女性向け

恋愛コラム

遠距離恋愛や、メールから始まる恋では女性から『会いたい』という言葉を伝えるのは勇気が要るものです。
「ウザいと思われないかな?」「一人で先走ってないかな?」「軽い女だと思われたらどうしよう!?」…様々な負の憶測が心を過ぎります。そんな時、あなたのメールの文章が会いたいことを可愛らしく表現していたり、メールを読んで彼の方から『会いたい』と思ってもらえたりしたら素敵です★
そんな気持ちを伝えたい時に役立つ言葉や文章をご紹介致します。気持ちが上手く伝われば、これから先の二人の未来も明るいのではないでしょうか。
是非メールに取り入れて想いを伝えて下さい!

「一緒だったらもっと楽しかったのに」

楽しかった出来事のポジティブな報告に<あなたと行きたかった><あなたと一緒ならもっと特別だった>というニュアンスをサラッと加える例文です。
「一緒に居てあげたかったな」「次に会う時は特別なデートをしてあげたいな」と思わせる効果が期待出来ます。
「何とか彼女の希望を叶えよう」と彼も頑張ってくれるはずです。

今日は久しぶりに親友とディズニーランドに行ってきたよ!

パレードで人の波に押されるがまま流されていたら、ベストポジションに辿り着いてすごく近くでパレードが見られたんだ♪帰りに花火も綺麗に見えて最高だったよ(*^_^*)

親友との忘れられない一日になったけど●●君と一緒だったらもっと楽しくて特別だったと思う。

「いつも隣で笑っていたいな…」

<彼を支えたい><いつも応援している>という健気で献身的な思いが伝わり、悩んでいる彼に「彼女が恋しい」「離れているのが辛い」と思わせる効果があります。
男性はプライドもあり、下手に励まさせると逆にへそを曲げてしまうこともあるので、多くは語らずにいつも隣にいて笑顔でいてくれる彼女を想像出来ると、「この人を手放したくない」と思います。
いろいろとアドバイスや口を挟みたくなることもあるかと思いますが、そっと見守る姿勢でいることが大切なのです。

(悩んでいる様子の彼に)
そっか。
私には理解出来ないくらい
大変なんだね。
何も出来ないけど
せめていつも隣で笑っていたいな…。

「近所の桜が綺麗に咲いたんだ。見てみたくない?」

ツンデレな女性におすすめです。一見子供っぽい表現となりますので、人を選ぶ言い回しです。
<会いたいけど我慢していた><本当は会いに来てほしい>という女性側の気持ちがいじらしく伝わり、
「普段強がっているけど、ずっと我慢させていたんだな」と男性に伝わり、「会いに行ってあげたい」と思わせることが出来ます。

(唐突に)
そういえば最近、近所の桜が綺麗に咲いたよ。
見てみたくない?

「まだ眠りたくないけど・・・」

明日も仕事があることを考え、本当はもっとメールをしていたいけど今日はもう寝ましょう。と優しい気遣いが見え隠れする一文です。<もっとメールしていたい>でも<無理をさせたくない>という気持ちが伝わり、「会った時には思い切り彼女を甘えさせてあげたい」「いつも気遣ってくれているんだな」と思わせる効果があります。

まだ眠りたくないけど…
もう寝るね。おやすみ★
ゆっくり休んでね!

「メールだけじゃ足りない」

あくまでも笑い話のようなニュアンスで伝えましょう。一歩間違えると物凄く重いメールになってしまいます。
<会って話したいのにもどかしい>という気持ちが伝わる一文です。『メールだけじゃ足りない!すぐ会いに来て』という脅迫めいた文章として送らないように注意が必要です。楽しいメールのやり取りが続いている中で、<メールだけじゃ物足りないね><会って話せたらきっともっと楽しいはず>という気持ちの表現です。
「ゆっくり会って、話たり合いたいな」「次、いつ会えるかな?」と彼が思ってくれれば大成功です!

こんなに話したいことがあるのに
メールだけじゃ足りないね(笑)

「昨日何でメールの返信くれなかったの?」

仕事で疲れている男性に追い打ちをかけるかのような“返信の強要メール”は男性が最も嫌う女性からのメールの一つです。メールが得意ではない男性は多く、かなりの労力を使って返信してくれている場合もあります。
そんな時、「何でメールくれないの?」というメールが来たらどうでしょう?メールがさらに嫌いになってしまいます。寂しい気持ちは男性もあります。表現方法が違うのだと考えるようにしましょう。
メールを強要したせいで『会いたくない』と思われてしまっては元も子もありません。

「日記メール」

女性はメールや連絡がマメな為、ついつい余計な報告メールをしがちですが男性からしてみたら『それがどうした?』となりがちです。特別な出来事が会った時はもちろん日記めいたメールを送っても男性側も楽しめますが、頻度が高くなるとウンザリというのが本音です。
ウザい女のレッテルを貼られる前に、女友達と男性に送るメールは別物だと肝に銘じましょう。

「寂しい!寂しい!寂しい!!」

今すぐどうにもならない状態の時に、寂しさを全面的にアピールされるのは男性としては気が滅入ってしまいます。“甘え”と“ワガママ”は紙一重です。『寂しい』という気持ちを素直に伝えることも大切ですが、それはメールではなく直接会った時に顔を見て伝えましょう!