ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索

メールで見極めよう!相手の心理:女性向け

恋愛コラム

携帯メールは今や恋愛には欠かせないツールです。メールは相手の男性が受け取った時のタイミングを気にしなくてもよいのがメリットです。しかし、彼に「メールを送ったのに返信がこない」といった話をよく聞きます。実は男性と女性ではメールに関する常識が違うのです。

メールの会話成功例

episode.01 意中の男性とゴルフデートの約束をもらいました!

恋愛コラム

(30代・OL)

ついに婚活パーティーで趣味がゴルフという彼とカップルになることが出来ました。
私もゴルフを始めたいと思っていたので、お付き合い出来たらいいなと思い、メールアドレスを交換しました。
お互い「ありがとうございました。」のメールは交したのですがそれ以来、彼からは何の音沙汰もありません。
このままではせっかくのチャンスが自然消滅してしまうと思い立って、「実はゴルフを始めたいのですが、ゴルフ練習場に一人で行くのは勇気がなくって・・・もし良かったら一緒に行ってもらえませんか?」とメールをしたのです。すぐに彼から「ゴルフ始めるのですね!一緒に付き合いますよ。」メールが来ました。それ以来、今では一緒にゴルフ練習デートをしています。

男性にとってメールの返事は用があって初めて書くもの

女性は相手から男女問わずメールが来たら返事を返すものと自然に考えていますが、男性は違います。男性にとってメールの返事をすることは常識ではなく、用事があって初めてメールを書くものなのです。女性がメールで彼の趣味であるゴルフに興味を示して、具体的に「一緒に行ってもらえませんか?」と書くことで、男性は自分のことに興味を持ってくれた、と快く返信メールをくれたのです。このように出会って間もないうちは、相手の男性に次回のデートに繋がるような内容を何気なくメールに書くのをお薦めします。

episode.02 相談メールがきっかけで年下の彼をGet!

恋愛コラム

(30代 会社役員)

キャリアウーマンでバリバリ仕事をこなしている私。実は気になる部下の男性がいるのです。
仕事の関係で飲みに行ったりするけどそれ以上の関係にはなかなかなれません。ある日、仕事が辛くて、精神的にも体力的にも限界が来ていた私に彼から飲み会の誘いのメールが来ました。
上司である私が部下である彼に仕事の悩みを相談するのはどうかと思ったのですが、「お誘いありがとう。まだ仕事中です。実は難しい仕事があって悩んでいます。こんな時はどうしたらいいのかしら?」とメールをしたのです。
すると彼から「今すぐ行きます」と返信メールが来ました。強いイメージだった私がふと彼に送った相談メールに意表をついたようで、逆に彼は「自分に頼ってくれているのだ」と好意をもってくれたようです。
今では上司と部下ですが仲良くお付き合いをしています。

男性は「女性から頼られる」とうれしい

男性にとって「女性から頼られる」ということはこの上ない喜びです。普段は上司である彼女が部下の仕事の悩みを聞いているはずなのに、逆に上司である彼女から相談を持ちかけられたということが男性のツボを突いたのです。相談メールがきっかけとなってお付き合いが始まるケースは実は意外と多いのです。

メールの会話失敗例

episode.01 彼の行動を探るメールが原因で・・・

恋愛コラム

(20代・美容師)

元カレはイケメンで、女性からモテモテです。そんな彼に対して心配で毎日メールを送っている私。
ある日、彼が出張で関西に行くことになりました。私は彼が心配で「今なにをしているの?」
「今日は何を食べたの?」「いつ帰ってくるの?」と毎日メールしていました。
しかし、彼からの返事は一向に来ないので私は「返事くれないから寂しいな」「毎日、暇にしています・・・」とメールしていました。
ついに彼が出張から帰ってきて久しぶりのデートをすることになりました。
すると彼から「俺の行動を探るようなメールはやめてくれないか、束縛されているみたいで嫌だ。」と。
それ以来、関係がぎくしゃくして、結局、別れてしまいました。

「何しているの?」などというメールはNG

行動を探るメールは男女共にイヤなものです。「何しているの?」などというメールは相手が窮屈に感じてしまい、失敗するケースが多いです。
男性は基本的に用事がないとメールを書くことはありません。このような時には質問系のメールは避けて、「仕事頑張ってね!」などの応援系のメールをすると好印象を与えます。

episode.02 酔った勢いで喧嘩中の彼にメールしたら

恋愛コラム

(30代・会社員)

女子会で盛り上り酔った勢いで喧嘩中の彼にメールをしてドン引きされたことがあります。 「元気~?今飲み会中なの~ごめんね~私が悪かったよ。」と。もちろん彼からは何も返事が 来ませんでした。翌朝彼からメールが来て「酔っ払いからメールもらっても返しようがないよ。」と。

内容は簡潔に! 自分の真面目な意志でメールすること

仕事関係やプライベートでの飲み会で気が緩み、シラフなら絶対に書かないようなメールを送信してしまいがちです。
仲直りをしたいとメールで伝えたいのならばお酒の力を借りず、内容は簡潔に自分の真面目な意志でメールすべきです。
男性は酔っ払いのメールより普段の何気ないメールの方がよっぽど気になるものなのです。

★ 女性のあなたへ アドバイス ★

男性は基本的に女性ほど日常生活でメールを使いません。
その男心を理解した上で好きな人から返信メールをもらうには「相手の男性があなたのメールを受信した時にどう思うか?」を考えて長文ではなく短い文章でメールを書くことが大切です。