ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索
良い写真と悪い写真

これで印象バッチリ!好感度UPの写真の撮り方

良い写真と悪い写真

プロフィールに掲載している写真は上手に撮影できていますか?写真を撮るときのちょっとした工夫で印象が大きく変わってきます。これから紹介するアドバイスを活用して、あなたの魅力を最大限にアピールしましょう。

良い写真と悪い写真

GOOD写真

良い写真と悪い写真
女性
良い写真と悪い写真
男性
明るい笑顔で
好印象
  • さわやかな笑顔
  • 明るい雰囲気の写真
  • 清潔感のある服装

BAD写真

良い写真と悪い写真
女性
良い写真と悪い写真
男性
浮かない表情で
暗い印象
  • 元気のない表情
  • 暗い雰囲気の写真
  • 顔がわかりにくい

上の写真を見比べれて、どの方とお会いしたいですか?

それは一目瞭然ですよね!
では、素敵なGOOD写真の撮り方をご紹介します。

良い写真と悪い写真
GOOD写真の特徴
□ 笑顔の写真(マジメで硬い表情より
笑顔のほうが必ず好印象を与えられます)
□ 一人で写っている写真
□ 明るい写真で顔がハッキリ見える
□ 清潔感のある髪型・服装をしている
□ バストアップで写っている
□ 背筋を伸ばし姿勢が良い
□ 証明写真よりもスナップ写真
□ 好きな写真は、愛犬や愛車、
好きな風景などあなたらしいもの
良い写真と悪い写真
BAD写真の特徴
□ 顔が不鮮明で、顔全体が分かりにくい
□ サングラスやマスク等をしている
□ 複数人で写っている
□ 他人に不愉快な印象を与えるもの
□ 著作権、肖像権を侵害するもの
□ 本人の顔を加工してある
□ 横顔で目線も外れている
□ 顔や頭部が欠けて写っている
□ 写真が小さすぎて顔がわかりにくい
(特に「顔写真」掲載の場合)

GOOD写真の撮影の仕方がおわかり頂けましたか?

続いて写真を撮影する際の
「服装」や「髪型」のポイントをご覧ください。