ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索
撮影のポイント

これで印象バッチリ!好感度UPの写真の撮り方

撮影のポイント

プロフィールに掲載している写真は上手に撮影できていますか?写真を撮るときのちょっとした工夫で印象が大きく変わってきます。これから紹介するアドバイスを活用して、あなたの魅力を最大限にアピールしましょう。

撮影のポイント

上前のページでGOOD写真の撮るポイントをいくつかご紹介しました。

それでは、いよいよ撮影に入りましょう!

撮影で準備するもの
カメラ・鏡・白い布(もしくは白い紙など)
[撮影場所]

明るい印象になるため、背景は何もない白い壁で撮影、背景がゴチャゴチャしているところはNG。そして顔が明るく写る&ブレ防止の為、明るい撮影場所を選ぶ。室内で撮影の際、ライトの真下は顔に強い影が出来るのでライトより少し後ろ目で撮影する。

外の光が入ってくるところでもOK。直射日光は光が強すぎる場合があるので、日陰などを使用する。

STEP1カメラの設定

フラッシュの使用はNG、手ぶれを防ぐためカメラはしっかり固定。明るく美白に写すため、明るさを+1か+2に設定する。画質が荒くなるのを防ぐため、手ぶれ補正は「OFF」にする。そして、ズームを使用する場合は光学ズームのみ使用。
(※デジタルズームは画質が荒くなるのでNG)

撮影のポイント

ズームの利点
遠くのものを大きく写せ、人物などを撮影するとき歪みが少なく太って写らない。

STEP2カメラセッティング

撮影のポイント

三脚やテーブル、または棚などにカメラを置く。
カメラは少し上目から撮影できるような位置にセットする。
真正面や下あおりはNG。室内で撮影するなら蛍光灯の光が自分の目に反射している位置を確認して、その位置から撮影できるようにする。

STEP3撮影時の姿勢

撮影のポイント

背もたれのない椅子に浅く座る、イスがない場合は立ったままでもOK。
カメラは少し上目から撮影できるような位置にセットする。
背筋を伸ばし顔をまっすぐカメラに向けてあごを引く、その際あごを引きすぎて二重あごにならないよう注意。

STEP4撮影

撮影のポイント

鏡で笑顔と表情の確認をしてから撮影しましょう。
バストアップで顔はフレームの中央に上が空きすぎないようにし、白い布か紙を膝に乗せ光を反射させて顔を明るく写す。
撮影カットは正面から、右斜めから、左斜めからの3カット撮影。斜めからのカット撮影の際、体を少し斜めにし、顔はカメラの正面で。
表情が硬くなってしまうため撮影の際、息を止めないようにし、1度撮影したらチェックをして再度、同じカットで調整を行なう。影がかかっていないか、髪が目にかかっていないか等もチェック。

★携帯電話カメラで撮影する場合

撮影のポイント

影の時には、頭の上に携帯カメラをかざす。
手ぶれ補正を「OFF」にして画面でポーズを確認したら、そのままカメラレンズを見て撮影。
また携帯カメラにはインカメラとアウトカメラのある機種がありますが人物を撮る際はアウトカメラを使用しましょう。理由は・・・
・インカメラは『広角レンズ』のため人物が太って写る
・アウトカメラは『中焦点レンズ』のため、人物撮影に適している

GOOD写真を撮影することができましたか?

最後に「ステキな笑顔の作り方」について
ご紹介しましょう

ステキな笑顔の作り方

ステキな笑顔の作り方
目の笑顔
準備するもの:A4の紙と鏡
  1. 口を隠します
  2. 笑顔を作りましょう
  3. 鏡を見て目だけで笑っていると判断できれば合格
  • Point/眉毛を上げる意識を持つと効果的
  • Point/目の大きさが普段より小さくなるようにする
口の笑顔
準備するもの:割り箸と鏡
  1. 口に空気を含み、目と口をぐるぐるまわします
  2. 割り箸を前歯で咥えます
  3. 割り箸で抑えながら口角をあげます
  4. 割り箸を抜き、歯を閉じます
  5. 鏡を見て、歯が10本以上見えていたら合格です!