ログイン 会員登録
ログインはこちらお試し会員検索
プロフィールの書き方

ルミエール攻略への近道

プロフィールの書き方

プロフィールの書き方

気軽に始められるネット婚活。
だからこそプロフィールはその方を知る大切な手がかりです。 ここではネットでいい出会いを見つけるためのプロフィールの書き方をご紹介。ぜひ「この人と会ってみたいな」と思わせるようなプロフィールを載せ、お相手に興味を持ってもらいましょう。

POINT1:趣味と休日の過ごし方は必ず書こう

「この人と会ってみたい」。こう感じるきっかけとしてまず考えられるのは「趣味や特技」と「休日の過ごし方」です。
趣味や特技が似ていれば「お相手と話が合うかも」と感じますし、休日の過ごし方が似ていれば「一緒に過ごせるかな」と感じるでしょう。また、仕事内容によって休日はまちまちなので「月火が休みです」などと記入しておくと親切です。

POINT2:ポジティブワードを入れよう

読んでいる内容にポジティブワードが入っていると、自然とこちらも気持ち良く読み進めることができます。
もちろん、自分の性格は完璧ではありませんし、欠点だってあることは誰もが承知の上。ですが短所は長所の裏返しです。自分の短所は長所に置き換えて記載しましょう。 例えば、「大雑把でがさつである」→「サバサバしていて、細かい事は気にしない」 「ひと前に出るのが苦手で受け身」→「強調性があり、和を大切にする」などです。

POINT3:好きなタイプは意外と参考になる?

男性が記載する好きなタイプは、ほとんどがかわらしい芸能人ですし、男性は女性よりも見た目や雰囲気に左右されやすい傾向があります。ですが世の中そんなかわいい人ばかりではないことは分かっています。
その女性の雰囲気や性格的な要素が気に入っていると考え、服装やメイクを参考にすると良いでしょう。
同様に、女性が記載する好きなタイプも基本的に高スペック。世の中そんなに高スペックの男性ばかりではないのは心得ています。メディアを通して見えるその男性の男気や優しさ・包容力が気に入っているケースがほとんどなので、それとなく意識してみましょう。

ネット婚活の特徴

①短すぎるのはNG

決まりきった短い文章だけだと、真剣にお相手を探しているのかが伝わってきませんし、その方に対する情報も不足します。そんな方と「会ってみたい」と感じる方は少ないでしょう。最低限項目の中はきちんと埋めましょう。

②自分語りばかりはNG

「自分は、自分は・・・」ばかり話す方と一緒にいて疲れた経験をお持ちの方は多いでしょう。
自分語りばかりしていては、それで自己満足・自己完結してしまう独りよがりな性格と思われてしまいます。 あくまでも相手に向けた情報を提供する場と考え、項目ごとに簡潔にまとめるようにしましょう。

③ネガティブワードがぎっしりはNG

「友達がいない」「性格が暗い」「休日はずっと寝ている」など、事実かもしれませんが、ネガティブワードはなるべく避けましょう。お相手があなたのプロフィールを読んだ時に、「この人と一緒に過ごしても楽しくないな、安らげないな」と感じてしまったら、声はかかりません。
無理をして自分を飾る必要はありませんが、ネガティブワードばかりにならないように気を付けましょう。